【施 光恒】日本の平等 | 「新」経世済民新聞

https://38news.jp/archives/01383 【施 光恒】日本の平等施光恒 ————————————————————– 三橋貴明の最新プロジェクト「月刊三橋」がスタートします。⇒ http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_100/index_tp.html創刊号は、「100円」でお試しいた…

最澄の魅力を発信するサントリーHD代表取締役副会長 鳥井信吾さん(1/2ページ) - ほっとインタビュー:中外日報

http://www.chugainippoh.co.jp/interviews/hot/20190213-001.html 最澄の魅力を発信するサントリーHD代表取締役副会長2019年2月13日付 中外日報(ほっとインタビュー) 根底に息づく天地の報恩天台宗総本山比叡山延暦寺(大津市)を支える「比叡山法灯護持…

ロハスな環境とカルトの忌避 - アヴァンギャルド精神世界

https://blog.goo.ne.jp/naitoukonan/e/41fcb5e3e8efee3eb769c964907ea7f8 ロハスな環境とカルトの忌避◎人間本来の生き方を人前で公然と議論できない 武道にも黙想はあって、町にはヨーガ教室がたくさんある。大型ショッピングセンターにも、ロハスを標榜す…

こころの杖 -ゴリラは語る-

http://www.zuiryo.com/kokoro/201607.html

こころの杖 -桃太郎-

http://www.zuiryo.com/kokoro/201604.html

禅僧の徒然日記

http://www.zuiryo.com/mt/

災害天罰説を再度考える ― なぜ過去に学べないのか 末木文美士氏 - 論・談:中外日報

http://www.chugainippoh.co.jp/ronbun/2013/1005rondan.html

第158回芥川賞を受賞、インドで暮らす作家 石井遊佳さん(2/2ページ) - ほっとインタビュー:中外日報

http://www.chugainippoh.co.jp/interviews/hot/20180214-002.html

http://www.chugainippoh.co.jp/editorial/2017/1201.html金銭評価と真価 真贋には心眼を持って 2017年12月1日付 中外日報(社説)レオナルド・ダヴィンチ作とされるキリスト肖像画「サルバドール・ムンディ(救世主)」が先頃、日本円にして約510億円で落札…

記憶のメカニズム ー禅僧の徒然日記

記憶のメカニズム 記憶とは恰も磁気テープに記録されたモノのように存在するのではなく、例えば五年前にこんなことがあった、十年前にあんなことがあったと想い出すことがあるが、それは日記なり記念品があるから、それを手がかりに過去の順番をかろうじて跡…

禅僧の徒然日記

十人十色 人の性格は様々で、いきなり相手をガツンとやる圧力型タイプがあるかと思えば、万事に控えめで、じ~と相手の言葉に耳を傾ける温和しタイプがある。どちらが良いかという問題ではなく、これは性格の違いである。ややもするとそう言う人間のタイプの…

身是菩提樹、心如明鏡臺

身是菩提樹、心如明鏡臺みはこれぼだいじゅ、こころはみょうきょうだいのごとし 『無文全集』第6巻「六祖壇経」 (山田無文著・2004.1 禅文化研究所)より 偈に曰く、身は是れ菩提樹、心は明鏡台の如し。時々に勤めて払拭(ほっしき)して、塵埃(じんあい)…

禅僧の徒然日記

十人十色 人の性格は様々で、いきなり相手をガツンとやる圧力型タイプがあるかと思えば、万事に控えめで、じ~と相手の言葉に耳を傾ける温和しタイプがある。どちらが良いかという問題ではなく、これは性格の違いである。ややもするとそう言う人間のタイプの…

「民芸」を仏教へのいざないと考える日本民藝協会会長 金光章さん

http://www.chugainippoh.co.jp/interviews/hot/20170426-001.html

アジアの途上国で無償で治療を続ける小児外科医 吉岡秀人さん

アジアの途上国で無償で治療を続ける小児外科医 吉岡秀人さん(1/2ページ) - ほっとインタビュー:中外日報

TOTO通信 現代住宅併走 33 前衛表現の縁に立ち止まる 新宿ホワイトハウス 設計/磯崎 新 写真/普後 均 文/藤森照信 主室となるアトリエ部分は3間×3間の平面の上に3間の壁から立ち上がる完全立方体であった。磯崎は、コルビュジエの「シトロアン住宅」のア…

東京新聞

「事前に終戦情報、私も」 「近く陛下の放送ある」「8月11日に降伏の内報」 2016年12月19日 朝刊 東京新聞:「事前に終戦情報、私も」 「近く陛下の放送ある」「8月11日に降伏の内報」:社会(TOKYO Web) 8月12日に終戦の情報を聞いた、と話す増田美代…

進歩向上の歴史観 根底に潜む「虚無」の影 2016年12月7日付 中外日報(社説)

先進国、発展途上国という区別が当たり前のように行われている。このような区別は、歴史は同じ道筋を通って一方的に進歩し続けるという歴史観を前提にしている。 古来、歴史については、人類は絶えず向上するという見方と、逆に堕落してゆくとする対立した見…

インドで修行、仏教にほれ込んだ俳優 滝田栄さん

インドで修行、仏教にほれ込んだ俳優 滝田栄さん(1/2ページ) - ほっとインタビュー:中外日報

森と心の再生を手掛ける作家 C・W・ニコルさん

森と心の再生を手掛ける作家 C・W・ニコルさん(1/2ページ) - ほっとインタビュー:中外日報

身体の潜在能力を開花する 祈祷や修行の効果を科学で検証

身体の潜在能力を開花する 祈祷や修行の効果を科学で検証(1/4ページ) - 深層ワイド:中外日報

(瑞龍寺)禅僧の徒然日記 2016.7.23

現代凡そ「つつしみ」とか「わきまえ」というものがなくなった。昔は良かったな~などと言うと、若い連中から、また年寄りはそんなことばっかり言うと非難 される。便利で効率的で良い面も沢山あり、日々我々老人も若者同様にこの便利さを享受しているのだが…

統合医療を普及する“お茶の水博士” 渥美和彦さん(88) 2016年6月22日付 中外日報(ほっとインタビュー)

人工心臓のパイオニアのお一人だと聞きました。 渥美東大医学部の外科に入局して人工臓器について学び、人工心臓について研究しました。1964年に医用電子研究施設の助教授、67年に教授となりました。 その間、65年には、365日間という、当時の人工心臓を取り…

瑞龍寺 こころの杖より

2002年6月 霊魂不滅 ある人から霊魂は果たして不滅なのかという質問を受け た。たとえこの肉体は滅んでも自分の魂は残って子孫に伝わってゆく。今まで何とかやってこられたのは自分一人の力ではなく先祖のお陰である。このように人 間の思いは必ず滅せ…

瑞龍寺「こころの杖」ー魂

こころの杖 −魂− 今最も求められていることは本来の自分に帰るということである。では本来の自分の姿とは何か。それは魂と共に生きるということだ。静かに心と体と呼吸を整 えて太古の昔から細胞に組み込まれているリズムを呼び戻し、大自然と一体となって考…

瑜伽経を読んで 山崎利治

http://www.ivis.co.jp/text/20090916.pdf

中外日報インタビュー 徳川恒孝、山崎直子 抜粋

日本文化見直しを呼び掛ける将軍の子孫 德川恒孝さん(1/2ページ) - ほっとインタビュー:中外日報)) 日本人の信仰をどう思いますか。 德川:日本の宗教は、 神様でも仏様でもどっちでもいいという感じで、あまり難しいことを言わないところが好きです。も…